藤澤 彰規 |先輩社員インタビュー|岐阜ギヤー工業

先輩インタビュー

藤澤 彰規

2013年入社23歳(2018年7月) 工業高校卒

製造部Aグループ(歯切り担当)

学生時代の自分は?

180802_183

部活も勉強も真面目に取り組んでいました。

入社のきっかけは?

180802_245

ものづくりに携わりたいと思っており、つくりたいものの一つが歯車だったため、入社しました。

入社前の仕事選びの軸は?

180802_232

自らの手で物を作る仕事に携われることです。

現在の仕事内容は?

180802_228

ホブ盤と呼ばれる加工機を使用して歯車の歯の部分を削り出す加工をしています。

岐阜ギヤー工業ならではの魅力は?

コミュニケーションが取りやすい環境なので、情報交換が密になりスムーズに仕事ができます。

入社して、やりかったことをどのように実現できていますか?

歯車を作る上で基礎となる重要な加工を担当させてもらっています。

責任のある仕事を任せていただけて、プレッシャーと同時に、成長ややりがいがあります。

仕事をする上で大事にしていることは?

何をするにしても集中力だけは切らさないように注意しています。

仕事で実現したいことは?

マスターギヤ(超高精度基準歯車)や公差が厳しいものの加工ができるようになり、「こいつなら任せられる」といわれる人になりたいです。

将来のビジョンは?

180802_177

憧れである会長のように歯車の知識が豊富でなんでも加工できるようになりたいです。そのためにやったことがない仕事に挑戦し、知識と技術を磨いていきたいと思います。

岐阜ギヤー工業の社員はどんな人?

image01

明るく元気な人たちです。分からないことを質問すると分かりやすく理解できるまで教えてくれます。

仕事で感じたやりがいや感動エピソードを教えてください。

180802_100

初めてマスターギヤという加工前の計算が難しい製品を加工したときです。先輩の助けを借りながらも1から作り上げたときは少し自信が持てるようになりました。

新入社員に求めることは何ですか?

180802_065

コミュニケーション力が大切だと思います。

自分で調べることも大事ですが、同僚や後輩に相談できる関係性をつくることも必要です。

学生のみなさんに一言!

仕事は自分が本当にやりたいことで選んでください。

仕事で尊敬する人は?

会長です。

仕事のどんなところが好きですか?

要求精度に仕上げることはもちろんですが、プラスαで見た目も完璧に仕上げられたときに加工者ならではの達成感があるところです。

学生時代に熱中したことは?

中学から高校まで続けていた部活(テニス部)です。

学生時代の経験で、今の仕事に活かされていることは?

実習で学んだ知識が一つ一つ仕事をする上で活かされていると思います。

失敗談をひとつ教えてください。

朝一番で急ぎの仕事があるにも関わらず、遅刻をしてしまったことです。

Interview先輩インタビュー

Entry

採用エントリー

058-274-5381

powerd by formy(フォーミー)